マンション退去時にトラブルになることとして多いのが、原状回復と敷金の問題です。

マンション退去時に気を付ける事
マンション退去時に気を付ける事

マンション退去時にトラブルになることとして多いのが

マンション退去時にトラブルになることとして多いのが、原状回復と敷金の問題です。
原状回復というのは、借り主が、経年劣化以外の原因でついてしまった汚れ、キズなどを修復して、部屋を借り始めたときと同じ状態に戻して貸し主に返還する義務のことであり、敷金というのは、退去時に原状回復のための修復費が支払えないことがないように、事前に貸し主に預けておくお金のことを指します。
無茶苦茶な暮らし方をしていなければ、退去時の修復費用というのはそれほどかさむものではないので、敷金の中から修復費を差し引いた額を貸し主から返還してもらうことができます。
しかし、ひどい汚れやキズを付けてしまって修復費がかさんだ場合や、敷金ゼロの部屋に住んでいた場合などには、退去時にまとまったお金を支払わなくてはいけなくなることもあるので、気をつけてください。
また、実際の修復費は少しで済んだにも関わらず、あれこれとキズや汚れの修復費をでっちあげて修復費がかさんだように見せかけて敷金の返還に応じない貸し主もいるそうなので、その点も気をつけることが大切です。

原状回復のための修復費用については、書類にサインをして確定する前に、どこの修復にいくらかかるのかを1つ1つ確認しておくようにしましょう。

Copyright 2017 マンション退去時に気を付ける事 All Rights Reserved.