賃貸マンションに住んでいる場合は、契約を終了したらマンションから退去しなければなりません。

マンション退去時に気を付ける事
マンション退去時に気を付ける事

賃貸マンションに住んでいる場合は

賃貸マンションに住んでいる場合は、契約を終了したらマンションから退去しなければなりません。その際に気を付ける事は、極力入居時の状態に戻すということです。
地域によっては、入居契約時に敷金や礼金を支払っていると思います。敷金とは、万一賃料を滞納された時に充当する担保金の事です。
礼金とは貸主に対して部屋を貸してもらうことへのお礼として支払うお金のことです。
従って、礼金は戻ってきませんが、敷金は本来であれば退去時に戻ってくるはずなのです。

しかし、一般的には次の入居者の為のハウスクリーニング代として全額使用されます。つまり、入居時の状態と同じ状態の部屋になっていれば、ハウスクリーニングの必要も無いので敷金は戻ってくるというわけです。

なかなか難しいのが現実ですが、それでも退去時に出来るだけ入居時の状態に戻しておけば、退去時に更にお金を必要とされる事はありませんし、契約を終了して退去して完了と、あっさりと退去の手続きも完了します。反対に、部屋の中が変色していたり破損していたりすると敷金に加えて退去時に修理費が請求されたりしますので、マンションから退去する時には十分気を付けてください。

Copyright 2017 マンション退去時に気を付ける事 All Rights Reserved.